早い段階で治療を受けよう

診察

病気の種類を知っておく

うつ病は環境の変化や、更年期、老年期による体調不良、親しい友人や家族との生死別などで大きなストレスを感じた時に発症することがあります。一般的なうつ病は憂鬱な気分や、不安感、興味の喪失などが見られることが多く、レジャーを楽しむ余裕がなくなることも少なくありません。非定型うつは従来の症状も見られますが、興味のあることや好きなことをしている時は、気分が良くなり活動が出来るケースもあります。うつ病の種類によって症状の出方には違いがありますが、同居している家族に変化が見られる時は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、カウンセリングや診察、問診などを受けて、病気を診断してもらうことが大事です。病気が診断されると不安を感じている人が多いですが、早期に発見して治療を始めることで、辛い症状が改善したり職場や学校に復帰したりすることも可能です。抗うつ剤などの内服薬は優れた効果が期待できますが、非定型うつなどの薬が効きにくいタイプには、カウンセリングや認知行動療法などの精神療法は大変効果的です。一般的なうつ病は症状が重い時は、外出をするのが億劫になる人が多いですが、少し改善してくると買い物や散歩に行きたがるようになります。症状が改善してきたら、家族と一緒に短時間の外出をするのもお勧めです。うつ病は結婚、転職、転校などの環境の変化や、更年期、老年期による体調不良、出産を経験して一時的にうつ病の症状が出たり、寒い時期は日照時間が短いので、冬季うつなどに罹ったりする場合もあります。更年期や老年期は体の不調が見られたり、もう若くないなどの精神的なショックも受けたりしやすいです。うつ病は真面目で責任感の強い性格の人が罹りやすい傾向がありますが、男女を問わず誰でも罹る可能性はあります。精神神経科のクリニックや病院を選ぶ時は、カウンセリングに時間を掛けてくれる所がお勧めです。職場や学校などの人間関係が原因の場合は、一時的にストレス環境から離れることで、改善するケースもあります。入院は必ずしも必要ではありませんが、気力や意欲が著しく低下していたり、自殺念慮などがあったりする場合は入院を勧められることが多いです。精神神経科の病院やクリニックでは病気が診断されると、作業療法や音楽療法、認知行動療法なども受けられるので、根気よく治療を続けることが大事です。入院が必要でない場合は、外来による治療が中心になります。非定型うつの場合はデイケアや作業所などで活動をすることで、辛い症状が改善することも多いです。病気が少し良くなってきたら、少しずつ活動を始めることも大事です。病気が診断されたら、内服薬は根気よく続けて下さい。

医者

心の風邪と言われる病気

日本人の100人に1人がうつ病と診断されますが、心身両面に様々な症状が現れます。うつ病になりやすい人には傾向と特徴があり、それは長年構築された性格と、置かれている環境が大きく影響を及ぼすと言われています。

男性

社会問題となっている病気

うつ病は適切な治療を行えば早期に治癒が可能となります。その反面、長く放置しておくとそれだけ、治療に時間がかかってしまいます。だからこそ、きちんとした医療機関で専門医の診断を受けることが重要な課題となっています。

看護師

病気の検査方法

精神病の一つであるうつ病は専門医の診断を受ければ調べられますが、カウンセリングで行うので対応も必要です。クリニックで行われる話し合いは自分の日頃の行動などを聞かれるので、事前に対応しておけば楽に話し合えます。

女性

休養に薬物療法を併せて

うつ病と診断されたら、休養を取ることを第一に、抗うつ剤を使って脳内環境を整えていきます。休養が取れない状況であればいっそのこと入院して、集中的に休むのも一つの方法です。規則正しい生活と周囲のサポートによって、早い回復が期待できます。

Copyright© 2018 うつ病は早めの診断が大事|早期に発見して治療を始める All Rights Reserved.